土地家屋調査士講座・通信講座一覧|東京法経学院





土地家屋調査士試験 資格取得をめざす受験生のための試験合格サイト

土地家屋調査士 通信・通学講座一覧

東京法経学院のバックアップシステム受講申込方法特定商取引法に基づく表記(お支払い方法等)

INDEX
●初学者対象


●学習経験者対象


●特別集中講座


●実務者対象

【初学者/通信講座】土地家屋調査士 新・最短合格講座


【初学者/通学講座】土地家屋調査士 本科'20


【初学者/通信・通学講座】土地家屋調査士+測量士補 超短期合格講座 合格格講座フルパック


【学習経験者/通信・通学講座】2019年度 土地家屋調査士 合格講座パックプラン

詳細・お申込みは

2019年必勝!ご自分にぴったりの学習プランで効率良く確実に合格を目指せます。


【学習経験者/通信・通学講座】土地家屋調査士 明快!記述式 プレミアム演習講座

詳細・お申込みは

 


【学習経験者/通信・通学講座】土地家屋調査士 合格直結答練

詳細・お申込みは

多くの優秀な受験生が集う答練こそベスト!!
 土地家屋調査士受験において、本学院の「答練」は、40年以上にわたり開講し、圧倒的多数の合格者を輩出しています。他の受験指導機関と比較し、「歴史と実績が違う」「指導講師陣が優秀」「出題内容が常に新鮮」等が挙げられます。「答練」の受講目的は多数の受験生との競い合いの中で、弱点を克服し、一歩一歩、合格力を蓄え、最後に勝利することだと言えます。
 本学院では、例年どおり2019年度も「合格直結答練」を開講し、全国の受験生の熱い期待に応えることができるように、講師陣と職員が一丸となって取り組んでまいります。


【学習経験者/通信・通学講座】土地家屋調査士 実戦答練

詳細・お申込みは

「合格知識を“修得する”こと」をいちばんの指導コンセプトに

 実戦答練では、基本事項を確実に解答できるレベルから、合格レベルに引き上げるための「総合力の強化」をめざします。前半(第1回〜第6回)の「分野別予想答練」では、近年の本試験で出題されている「論点・項目」をピックアップして、未出の法令、条文等を根拠とする問題・肢もプラスして出題していきます。後半の「全国公開模試T」からは、前期の出題を踏まえて本試験の予想問題を出題し、着実に合格レベルの実力を身につけます。さらに、5月と7月に2回実施する「全国公開模試」は、それぞれの学習時期における各自の合格への正確なデータや指針を提供します。なお、通信教育で本講座を受講される方も、全国公開模試については無料で会場受験に振替受講することができます。


【学習経験者/通信・通学講座】土地家屋調査士 スーパー模試THEゴールドウィン

詳細・お申込みは

GWの模試は「書式力」と「底力」がつく

解説講義あり/添削指導あり/成績処理あり 

 

【通学講座】各会場定員募集!全国6会場にて実施
( 東京会場・名古屋会場・大阪会場・福岡会場・広島会場・高松会場)

 

【通信教育】
4月23日(火)発送開始
選べる2タイプ(DVDタイプ/映像DLタイプ)
レクチャー 内堀博夫
本学院専任講師


【学習経験者/通信・通学講座】土地家屋調査士 総整理・速解答練


【学習経験者/通信教育】土地家屋調査士 記述式 マキシマム演習講座

  1. ハイレベルな過去の記述式問題を解いてみよう!!

     

     本学院では、「ベストセレクト答練'19」、「実戦答練'19」、「総整理・速解答練'19」という流れにおいて、基本的な問題や本試験レベルの問題、そして応用レベルの問題を出題していく予定であおります。
     本講座「土地家屋調査士'19 記述式マキシマム演習講座」は、本試験で戸惑うことのないよう前述の3講座の答練で、まだ出題していない内容やハイレベルで解答に時間がかかるテーマを厳選し、2015年度に実施した「書式プレミアム」の問題を改変、内容検討をして、全12問を再出題いたします。
     なお、本講座では大評判の「不動産表示登記申請マニュアル(改訂三版)」(3分冊、税込定価16,200円)の理解をしている程度の“書式力"を有していることを前提として出題しますので、このテキストをぜひ参考にしてください。
     また、全問の解説書には「登記申請後の登記記録」を収録していますので、このことによって記述式の知識だけではなく、択一の知識も同時に深まります。
     ハイレベルな良問の記述式問題は12問を集中して解答し、合格への羅針盤としてください。

【学習経験者/通学講座・メディア教材】土地家屋調査士 直前ファイナル・THEラストチャンス

  1. 本試験1週間前の択一・記述式の再チェック

    本試験会場で絶対にミスをしないための総チェックをしよう!!


【学習経験者/通学講座(東京校)】やってみよう!!複素数と交点計算(関数電卓講座)

  1. 面積、辺長、交点計算、距離と方向角…重要なところは複素数を使ってみよう!!
    本講座を受ければ必ず目からウロコが落ちます!!


    数学が苦手な方、土地の求積に不安のある方、関数電卓の使い方をマスターすることによって、不安を解消してみませんか?
    数学の公式を覚える代わりに電卓の使い方を覚えて早く正確に計算ができるようになってみませんか?もちろん数学のお話も少しはいたします。

【学習経験者/通学講座(大阪校)】土地家屋調査士'19 民法 明快講座

  1. 1問も落とすな!!

     土地家屋調査士試験の受験生の方からよく訊かれるのは、「民法をどのように勉強したらよいのか。」あるいは「どのようにすれば効率よく得点することができるようになるのか。」といった質問です。
     近年の本試験の合格点は、81点で推移していますが、受験生としては、余裕を見て80点(8割)程度の得点を確保しておきたいところでしょう。多肢択一式を8割とすると、20問中16問を正答しなければなりません。しかし、不動産登記法・土地家屋調査士法17問だけで16問正答するのは至難というよりほかなく、やはり民法3問中2問は確実に押さえておく必要があります。逆に民法で2問得点することができれば、不動産登記法・土地家屋調査士法17問中、3問まで誤答することが許容されるわけです。
     ところで、土地家屋調査士試験において、試験内容に「民法に関する知識」が明記されたのは、平成16年に至ってからです。その間、平成30年まで問題数にして45問の過去問の蓄積があります。これを丁寧に分析すれば、出題される範囲・問われる内容は決まっているといっても過言ではなく、未出の問題 (過去に出題実績がないもの)についても、ある程度の絞り込みは可能であると考えます。そこで、過去の出題を踏まえて、2019年度において出題が予測される箇所を中心にした問題演習をとおして、民法を全問正解にする(得点源にする)ことをめざします。

【実務者/通学講座】土地家屋調査士における 実務測量の基礎講座


【実務者/合宿+通学】土地家屋調査士のための測量実務研修

★開講予告!2019年4月実施!最大16名までの限定募集!

 

★実務に関する基礎から実施測量体験まで総合的カリキュラムで実務未経験者の方も基準点測量の実際を知り、調査士業務に必要な知識と技術が身につきます。

土地家屋調査士を合格したい方必見。
東京法経学院では土地家屋調査士試験合格対策など様々な土地家屋調査士試験の対策講座をご用意しております。
通学が難しい方のために通信講座もご用意しております。
試験合格までの学習方法や試験対策などご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


PAGE TOP