勉強法

勉強の息抜きに! おすすめの気晴らし方法8つ


勉強の息抜きに! おすすめの気晴らし方法8つ

勉強を続けていると、疲れやストレスを感じることはありませんか? そんなときに気晴らしの方法を知っていれば良い気分転換になりますし、再び勉強に集中しやすくなるでしょう。ここでは勉強の息抜きにおすすめの気晴らし方法を8つご紹介します。

 

家で手軽にできる勉強中の気晴らし方法!

そこで勉強中や家にいるときにできる、手軽な気晴らし方法をご紹介します。

ストレッチ、ヨガ

ストレッチやヨガなどの軽い有酸素運動をすると、脳内から「GABA」「セロトニン」といったリラックス効果のある物質が分泌されます。これらには緊張やストレスを和らげてくれる効果があるのです。

好きな音楽を聴いたり、歌ったりする

自分の好きな音楽を聴くのもよい気晴らしになります。なんとなく勉強に対し気が進まないときはアップテンポの曲を、特にリラックスしたいときにはクラシックのピアノ伴奏曲がおすすめです。イライラした気持ちを静め、集中力をアップさせてくれるでしょう。

好きな食べ物・飲み物を楽しむ

お腹が空いて集中力がダウンしてきたときは、自分の好きなものを食べたり、飲んだりして気分転換してみましょう。このときのポイントは「自分が本当に食べたい(飲みたい)もの」を摂ることです。食べ過ぎや飲みすぎには注意が必要ですが、自分が満たされるものを飲み食いすることで、ストレス発散になります。

ゆっくりお風呂に入る

湯船にゆっくり浸かると、体が暖まって血流が良くなり、心身の疲れが取れやすくなります。何となく気分が落ち着かない……というときは、お風呂の時間を楽しんでみましょう。

趣味に没頭する

勉強を続けているうちに疲れてきたら、趣味に没頭する時間を持つことを意識してみましょう。
ゲームや映画鑑賞、お菓子作りなど、何でも構いません。自分が好きなことだけをやっているうちにストレスや疲れも和らいでいき、勉強にも向き合いやすくなります。

短時間の昼寝をする

長時間勉強をしていて脳が疲れを覚えると、眠気を感じることも。そのようなときは短時間の昼寝をしてみましょう。5分~30分程度であれば眠気が残りにくいですし、眠っている間は脳のリフレッシュにもなります。

外でできるおすすめの気晴らし方法は?

勉強を続けていくためには、外に出て思いきりリフレッシュすることも大切です。外でできる気晴らし方法をチェックしてみましょう。

散歩、ジョギング

散歩やジョギングは特におすすめの気晴らし方法です。景色を眺めながら軽い有酸素運動をすることで、体の疲れが取れやすくなり、ストレス解消にも効果があります。緑や自然の多い場所でおこなえば、よりリラックス効果が高まるでしょう。

空や海を眺める

青い空や海には、眺めているだけで気持ちを落ち着かせてくれる効果があります。また、テキストやノートといった近距離をずっと見ている「目」を休ませる効果も。外に出られない場合は、自宅から空を眺めても同じ効果が得られます。

勉強中は適度に気晴らしをするのが、継続の秘訣


column20200724_02

資格試験は出題範囲が広く、勉強期間も長くなりがち。最後までモチベーションを維持し、合格への道のりを歩むためには、気晴らしや息抜きといった“勉強を続ける工夫”が必要です。ここでご紹介したような気晴らしを取り入れ、合格を目指しましょう!