資格

デスクワークだけじゃない!土地家屋調査士の仕事内容

0704_1

 

土地家屋調査士の仕事というと、机上で図面や申請書を作成するイメージを持たれる方も多いかと思いますが、実はデスクワークだけでなく外仕事や肉体労働も多い職業です。この土地家屋調査士の仕事内容を以降で詳しくご紹介していきます。

 

 

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は不動産関連の士業、プロフェッショナル職です。土地家屋調査士の業務は多岐に渡りますが、その中でも主要業務となるのは「表題登記」と「筆界特定」です。

 

・表題登記
表題登記とは、法務局に登録された不動産の場所・広さ・用途を測量調査の上、登記申請書を作成し登記手続きを行う業務です。この業務は法律上、土地家屋調査士の独占業務となっており、土地家屋調査士以外の人間には行うことができません。

 

・筆界特定
筆界特定とは、土地を測量調査し、土地と土地の「境界」を明らかにする業務です。こちらも法律上、土地家屋調査士の独占業務となっており、土地家屋調査士以外の人間には行うことができません。近年は国民の権利意識が高まり、需要がますます増えてきている業務です。

 

 

デスクワークだけでない土地家屋調査士

土地家屋調査士というとデスクワークのイメージを持たれるかもしれませんが、前述した表題登記や筆界特定の業務の一環で、現地に出向き、不動産や土地の測量調査を土地家屋調査士自身が行います。専用の測量機材などを運ばなくてはならないこともあり、炎天下や真冬に測量する場合もあるので、意外とハードな肉体労働の一面もあるのです。

測量調査が終わったら、測量した情報をもとに申請書類などを作成するデスクワークに移るといったイメージです。デスクワークと外仕事をバランス良く行いたい方に向いている職業といえるかもしれません。

 

0704_2

 

建築コンサルタントとしても活躍

土地家屋調査士は、その専門知識を活かし「建築コンサルタント」として、不動産や建築に関するコンサルタント業務や相談業務を行うことも増えてきています。不動産鑑定士や司法書士、行政書士などの資格をあわせ持ち、さらに広く活躍する方もいます。専門性が高い分、やり方次第では実にさまざまな業務に手を広げていけるのが、土地家屋調査士の魅力でもあります。

 

いかがでしたでしょうか。
このように土地家屋調査士は意外にもバラエティに富んだ士業となります。
興味がある方は資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。