資格

司法書士のやりがいや魅力ってどんなところ?


司法書士のやりがいや魅力ってどんなところ?


司法書士として働いている方は、仕事上どのような点にやりがいや魅力を感じているのでしょうか? ここでは将来司法書士を目指している方のために、司法書士の方々が感じるやりがいや魅力についてご紹介します。

 

司法書士のやりがいとは?

依頼者に代わって登記などの法的手続きをおこなう「司法書士」は、いわば法律の専門家ともいえる職業です。
そんな司法書士のやりがいとして、もっとも大きいのが「法律の知識や手続きなどを通じて、人助けができること」でしょう。

世の中には、遺産相続に関する相談や借金トラブル、離婚に関する手続きといった“一般の方では解決できないような問題”も数多くあります。それらのような問題も、司法書士が書類を代行作成したり申請手続きをおこなったりすることで、解決へ導くことができます。
また、不動産登記、商業登記といったサポートは、司法書士しかできないことであり、依頼者の生活や仕事などを充実させることにもつながります。

近年は規定の条件を満たした司法書士であれば、簡易訴訟手続きの代行も担当できるようになりました。
「法律のプロ」として人の役に立てることに喜びを見いだせる方には、とてもやりがいを感じる仕事だといえるでしょう。

司法書士の仕事の魅力とは?

司法書士という仕事にはどのような魅力があるのでしょうか? 実際に働いている方の声をもとにいくつか挙げてみましたので、参考にしてみてください。

勤務地に関係なく長く働き続けることができる

司法書士の資格は取得難易度が高いことで知られています。そのため、資格保有者が限られているのが現状です。求人数に対し資格保有者の数が少ないということは、引く手あまたの存在ということでもあります。
資格さえあれば、日本国内のどこでも、安定して働けるのは大きな魅力といってよいでしょう。

信頼を得ることで収入も安定する

法的な手続きの中には、司法書士しかおこなえない手続き(商業登記、不動産登記など)もあります。
こうした手続きや相談などを通じて依頼者の信頼を積み重ねていけば、仮に独立・開業したとしても依頼が途切れることはありません。
独立後に依頼数が増えれば、当然収入も安定しやすくなりますし、人脈や実力次第では売れっ子になることも可能です。頑張り次第で収入アップの可能性があるため、上昇志向の強い方にとってはかなり魅力的な職業だといえるでしょう。

開業後、得意分野で勝負できる

司法書士が手掛けられる仕事の範囲はかなり幅広いです。そのため、すべてをカバーするというよりは「離婚関係の手続き」「相続」「開業」などの得意な分野に絞って事業展開することが多いのです。

勤務司法書士の場合は勤務先が取り扱っている分野で仕事をしますが、開業した場合は自分が得意とする分野で勝負することができます。特定分野のエキスパートとして信頼を得ることで、その道のプロとして名を馳せることができるでしょう。

法律知識で人の役に立つ! 司法書士を目指そう


column20200429_02

日本の法的手続きの中には司法書士にしかできないことも多く、市民生活や社会にとってまさに“なくてはならない職業”です。さらに近年では、司法書士や弁護士などがボランティアで一般の方々の法律相談会をおこなうなど、活躍の幅も広がっています。
もちろん、高度な法律知識が必要になるため、資格の難易度は決して簡単とはいえません。しかし、自分にしかできないことで人を助けることができるのは、司法書士ならではのやりがいといってよいでしょう。