行政書士講座・通信講座一覧|東京法経学院





資格取得をめざす受験生のための試験合格サイト

行政書士講座・通信講座一覧

東京法経学院のバックアップシステム受講申込方法特定商取引法に基づく表記(お支払い方法等)

INDEX
●初学者対象


【初学者/通信講座】行政書士 新・最短合格講座


【初学者/通学講座】行政書士 本科


【学習経験者/通信・通学・メディア教材】行政書士 2018年度試験向け 受験対策講座

  • 行政書士 2018年度試験向け 受験対策講座2018年試験対象|学習経験者向け|通信・通学・メディア教材

    詳細・お申込みは

     2018年度試験向け受験対策講座の学習テーマは「早い時期からより多くの問題を解き、確実に実戦力を身につける!」です。そのために「民法・行政法マスター択一答練」の開講日は1/14(日)を設定いたしました。その理由は、行政書士試験では、配点比率の高い「民法」と「行政法」でいかに得点を上げるかが合格するためのポイントといえるからです。「民法・行政法マスター択一答練」では、出題範囲を民法と行政法に絞り、絶対に落とせない重要項目を出題いたします。わかりやすい解説に加え、関連知識をまとめた「重要ポイント整理」もご提供いたしますので、本講座を受講いただくことで、実戦力に加え、重要科目全体の知識を再確認することが可能となり、非常に効率の良いインプット学習にもなります。

     

     3月からの「ベストセレクト答練(全5回/125問)」と7月からの「科目別答練(全5回/200問)」では、より多くの問題を解きながら、科目別に知識のレベルアップ・応用力の養成を行います。また、答練と並行して開講する「行政法・地方自治法完全整理ポイント講座」 「記述式解法マスター講座」を受講いただくことでさらに得点力を伸ばすことができます。

     

     そして9月からは、本試験と同一出題形式による「全国公開模試(全5回/300問)」を実施いたします。本番の予行演習はもちろん、本試験で出題の予想される重要事項について効率のよい学習を可能にします。また、合格基準があるため無視できない「一般知識等」の対策についても8月に実施いたします。

     

     以上、紹介いたしましたそれぞれの講座の中から、あなたにピッタリの学習プランをご選択いただければと考え、コース設定をいたしました。詳細をご覧いただき、2018年度行政書士本試験対策には、ぜひとも東京法経学院の講座をご活用いただき、合格の栄冠を勝ち取ってください。

     

    スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

     

行政書士を合格したい方必見。
東京法経学院では行政書士試験合格対策など様々な行政書士試験の対策講座をご用意しております。
通学が難しい方のために通信講座もご用意しております。
試験合格までの学習方法や試験対策などご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。