勉強法

忙しい社会人の資格取得! 勉強のモチベーションを保つためのコツは? 


忙しい社会人の資格取得! 勉強のモチベーションを保つためのコツは? 

資格取得のためには、まとまった学習時間を確保する必要があります。

しかし社会人の毎日は忙しいため、なかなか思うように勉強が進められないことも多いもの。
「働きながら資格取得を目指す!」と志したものの、モチベーションが保てずに資格取得を諦めてしまうというケースもあると思います。
働きながら勉強を進めるためには、途中で諦めずに高い意識を持ち続けることが大切です。
資格を取得するまでの間モチベーションを維持し続けるためのポイントをチェックしてみましょう。

 
 

資格を取得する動機を明確にしておく

勉強を始めたときのモチベーションを維持するために「なぜその勉強を始めたのか」を計画しておきましょう。
将来のキャリアアップのために資格取得を目指す人や、単に興味を惹かれて学習を始めた人、また会社で必要と言われて学習をしている人など、その目的はさまざまだと思います。
どんな理由であっても「なぜ勉強するのか」「なぜその資格を取るのか」をはっきりさせておけば、資格取得のための学習を始めた当初のモチベーションを維持しやすくなります。

資格取得までの「小さな目標」を立てていく

モチベーションが続かない原因の1つとして、資格取得という大きな目標までの道のりが遠すぎて、実現までのイメージがわかないということが挙げられます。
モチベーション維持のためにも、たくさんの中継点になる小さな目標を立ててみましょう。

「この分野を理解する」「この問題を解けるようにする」と、見える位置にゴールを用意すれば、日々達成感を味わうことができます。
「達成できた」という喜びや自信は、次のステップへの足がかりとなることでしょう。

周囲の人への憧れを資格取得の原動力に

あなたの周囲に、忙しくとも頑張っている人はいませんか?

独立を目指している先輩や勉強熱心な同僚など、高い意識を持って頑張っている人をお手本にしてみましょう。
日々努力を惜しまず活躍している著名人や芸能人への憧れを原動力にするのも良いですね。
モチベーションが下がってしまったときには、周囲にいる意識の高い人に相談を持ちかければ意外な活路が開けるかもしれません。

モチベーションが無くてもとにかく勉強する


モチベーションが無くてもとにかく勉強する

「モチベーションが下がってしまってもとにかくやる」と心に決めておくことも大切です。
時間がない、疲れが取れない、誘惑があるなど、社会人が学習をずっと続けていくのは本当に難しいもの。

しかし、目標を達成するためにも「とにかくやる」と決めておき、どんなにやる気が下がっていても机に向かう習慣をつけておきましょう。
資格取得のための勉強を途中でやめずに続けるための方法というのは結局「とにかくやる」ことだけなのかもしれません。

せっかく資格取得を心に決めたのなら、毎日たゆまず努力して目標を叶えたいものです。
毎日の忙しさや疲れのためにモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれませんが、さまざまな工夫をこらしながら学習を継続していきましょう。