土地家屋調査士直前ファイナル'17|通学講座・メディア教材|東京法経学院





【中・上級者向 通学講座・メディア教材】 
合格目標2017年8月 【択一・書式の総整理】

土地家屋調査士直前ファイナル'17

東京法経学院のバックアップシステム受講申込方法特定商取引法に基づく表記(お支払い方法等)
年間スケジュール買い物カゴ学費日程と時間帯コンセプト本講座の使用教材について

「2017年合格」へのファイナル指導!!
本試験会場で絶対にミスをしないための総チェックをしよう!!


土地家屋調査士2017 受験対策講座 年間スケジュール「合格プラン'17」


買い物カゴ

特定商取引法に基づく表記(お支払い方法等)お買い物カゴを確認する

※ご希望の受講タイプをご選択(クリック)の上「買い物カゴへ入れる」ボタンをクリックしてください。


●受講タイプ(必須)

 

※1 会場

 

※2会員番号


●合計金額(円/税込)


●数量

 

※1通学講座をお申込みの方は会場をご選択ください。

※2 「合格直結答練'17」をお申込みの方は特別学費となりますので、会員番号をご入力のうえお申込みください。受付時に金額を訂正いたします。
●「ダウンロードタイプ」をご検討の皆様へ お申込の前に→配布マニュアル「ご利用方法について」(PDF)を必ずご確認いただきご検討いただきますようお願い申し上げます。


学費(税込)

講座名 受講タイプ 一般受講生共通価格 答練生特別学費
土地家屋調査士
直前ファイナル'17
通学 22,600円 21,600円
メディア教材(DVDタイプ) 21,600円 20,600円
メディア教材(WMV映像ダウンロードタイプ) 18,500円 17,500円
直販教材(教材学習タイプ) 16,500円 15,500円
※2 「合格直結答練'17」をお申込みの方は特別学費となりますので、会員番号をご入力のうえお申込みください。受付時に金額を訂正いたします。

日程と時間帯

会場別日程表

実施会場 定員 実施日 指導講師 会場名
東京会場 A 60名 7/23(日) 山井由典 東京法経学院 東京校
東京会場 B 60名 7/29(土) 内堀博夫
仙台会場 30名 7/29(土) 上野博邦 仙台市民会館
名古屋会場 30名 7/22(土) 河野克幸 東京法経学院 名古屋校
大阪会場 60名 7/23(日) 見瀬達也 三栄ビル
広島会場 30名 7/29(土) 渡部真ー 広島オフィスセンター
高松会場 30名 7/30(日) 横井靖司 サンポートホール高松
福岡会場 35名 7/30(日) 内堀博夫 東京法経学院 福岡校
金沢会場 15名 7/29(土) 見瀬達也 金沢勤労者プラザ

 ※ 指導講師・日程・会場・募集定員・開講時間を変更する場合がありますのでご承知おきください。


コンセプト

「2017 年合格」へのファイナル指導!!

本試験会場で絶対にミスをしないための総チェックをしよう!!

 

本試験直前の学習方法は、毎年の合格者のアンケートによれば、

  1. 過去問を繰り返し解答する。
  2. 答案練習等で誤答した箇所を重点的にマスターする。
  3. 条文や基本通達(新法による書替え)等の読み込みを する。
  4. 基本を確実に理解し、ミスをしないように工夫をする。
  5. 最近の法改正をチェックする。
  6. 本試験時間(2時間30分)内で解答する訓練をする。

などに集約されます。

本試験までのこの時期は、「今までの学習の総点検・弱点解消」が最大のテーマとなります。さらに、ご自身の集中力とメンタル面の強化が必要であることは言うまでもありません。

2017年度の直前ファイナルも、多くの受験生のご要望(=本試験直近に模試形式の問題を解答したい)にお応えするために、本試験と同様の問題配分(択一20問・書式2問)による1回分の「総合テスト(自宅学習用として解説DVD付)」を作成します。また、本試験で絶対に落としてはいけない論点を中心に択一50問を出題する「総整理/択一編」と、書式3問の出題予想問題による「総整理/書式編」をご自宅で解答することで、重要事項の確認と法改正の確認と知識の整理を行い、万全の状態で本試験に臨んでください。

 

●通学講座の場合、「総整理/ 択一編・書式編」の問題と解説は、講座実施日の7日〜10 日前に配付いたしますので、ご自宅で問題を解答し、当日解説講義を受講してください。 「総合テスト(解説DVD 付)」につきましては、実施日にお渡しいたします。


本講座の使用教材について

  1. 総合テスト(択一20問・書式2問) 問題編・解説編答案用紙・解説DVD
    2時間30分という限られた時間の中でいかに実力を発揮できるかが、合否を分けることとなります。そのため、自宅学習用教材として本試験形式の総合テストに解説講義を収録したDVDを付けてご提供いたします。これを用いた学習により、重要事項の確認はもちろん、時間配分のチェックもできます。書式問題は上記総整理と同様に、過去の実戦答練等で出題された問題をアレンジした形になります。

  2. 総整理・択一編50問(不動産登記・民法・調査士法)問題編・解説編
    本学院の過去の実戦答練等で出題した良質の問題をピックアップし、法改正チェック・出題内容のチェック・出題形式の変更等を行って、科目別・分野別・事項別に50問出題します。重要事項を盛り込んだ良質問題を解くことで、択一の完全制覇をめざします。

  3. 総整理・書式編3問(土地・建物・区分建物)問題編・解説編
    出題頻度の高い予想問題を過去の実戦答練等で出題したものから精選し、内容の一部変更又は解答形式の変更などのアレンジをした問題を、土地・建物・区分建物から各1問ずつ出題します。書式学習の総仕上げとしてチャレンジしてください。