ニュース

いくらぐらい必要? 行政書士が事務所を持ち開業するために必要な資金


いくらぐらい必要? 行政書士が事務所を持ち開業するために必要な資金

行政書士の資格を取得したあとには、行政書士事務所や企業等に勤めるか、独立開業をするのが一般的です。一旦事務所などに所属して経験を積み、のちのち独立しようと考えている方もいることでしょう。
独立を目指すにあたって気になるのは、開業のための資金のことです。そこでこの記事では、行政書士が独立開業するために必要となる費用について解説いたします。

行政書士の開業に必要な資金1:行政書士会への登録料

行政書士として独立開業するときには、都道府県の行政書士会への登録が必要となります。この費用は都道府県によって異なりますが、20万円前後の入会金のほか、登録料や会費、職印や書類取得にかかる費用などを合わせて28万円から35万円程度です。行政書士の登録に30万円もかかるのは高いと思われるかもしれませんが、登録さえすれば特別な準備をしなくてもすぐに開業することができるのは行政書士の強みともいえます。

行政書士の開業に必要な資金2:オフィス家具

自宅開業であっても事務所を借りる場合でも、オフィスの机や椅子、本棚や書庫といった家具を用意するまとまったお金が必要です。オフィス家具の購入はある程度節約も可能ですが、10~20万円程度みておきたいですね。行政書士の仕事は個人情報や機密情報を扱うことも多いため、鍵のかかるキャビネットや金庫を用意するなど万全のセキュリティ対策をしておきましょう。

行政書士の開業に必要な資金3:通信機器・設備

開業には固定電話やファックス、携帯電話が必要となります。自宅開業をする場合であっても自宅の電話とは別に事務所用の回線を用意したほうがよいでしょう。
パソコンやネット回線に加え、プリンターやコピー機などの周辺機器を用意しておくことも大切です。定款や契約書を見開きで作ることを考え、プリンターやコピー機はA3の書類が印刷できるものを選びたいですね。
近年では集客のためにホームページを作成することがほとんどなので、レンタルサーバーやドメイン使用料も必要となります。こまごまとした設備費や通信費も、合計で10万~20万円程度はみておきたいものです。

行政書士の開業に必要な資金4:家賃と生活費


行政書士の開業に必要な資金4:家賃と生活費

行政書士が独立するときには自宅兼事務所で開業する方もいますが、独立した事務所を借りる方も少なくありません。事務所を借りる場合には当然家賃がかかるため、独立開業を考えているのなら開業後1年分程度の事務所維持費を用意しておきましょう。駅前など交通の便の良い場所に事務所を構えれば集客効果は高まりますが、その分家賃も高くなる傾向があります。
開業してすぐに仕事が安定し、満足のいく収入を得られるとは限りません。業務を軌道に乗せるまでのことを考え、むこう1年分くらいの生活費を用意しておきたいですね。

行政書士として開業する場合、家賃や生活費を除くと最低でも50万円程度の資金が必要です。これに加え、家賃や生活費に困らないよう多めに資金を用意しておくのが安心です。
開業後にも営業資金や登録更新料といった出費がありますし、ステップアップのための勉強にもお金がかかります。開業にあたってはできるだけ多くの資金を用意しておき、万全の準備を整えて独立したいですね。