司法書士 実戦答練'18|通学・通信講座/教育|司法書士試験|東京法経学院





【中・上級者向及び受験経験者向け 通信・通学講座】
カリキュラム一新!!この秋から、答練始めます!!
ライバル達はもう動き始めてる! 2018年度、合格へ確かな一歩を踏み出そう!

司法書士 実戦答練'18

東京法経学院のバックアップシステム受講申込方法特定商取引法に基づく表記(お支払い方法等)
学費返金制度買い物カゴ学費コンセプト特色日程会場マップ学習の進め方【通信教育】

カリキュラム一新!!


学費返金制度

平成29年度の司法書士試験に最終合格された方には、学費をご返金いたします。
学費返金制度があるから、早めの申し込みでも安心!

 

「司法書士'18 実戦答練」に限り、受講中に平成29年度司法書士の合格が判明の場合、納入学費の全額を官報登載後にご返金いたします。

●対象講座「司法書士'18 実戦答練」

 

〔 注意事項 〕
平成29年度司法書士筆記試験の合格を証する書面(合格通知書)のコピーとともに「返金依頼届」を本学院事務局へご提出ください。


買い物カゴ

特定商取引法に基づく表記(お支払い方法等)お買い物カゴを確認する

※ご希望の受講タイプをご選択(クリック)の上「買い物カゴへ入れる」ボタンをクリックしてください。


●受講タイプ(必須)

 

※1 会場

 

●合計金額(円/税込)
     

 

●数量
     

 




学費

受講タイプ 一般価格
通学講座 東京校・名古屋校・大阪会場 324,000円
通信教育 DVDタイプ 345,600円
WMV映像ダウンロードタイプ 313,200円
MP3音声ダウンロードタイプ 298,600円
教材学習タイプ 288,000円

 

受講タイプ 一般価格
通学講座 東京校・名古屋校・大阪会場 144,000円
通信教育 DVDタイプ 153,600円
WMV映像ダウンロードタイプ 139,200円
MP3音声ダウンロードタイプ 133,000円
教材学習タイプ 128,000円
  1. ※ 10月以降は一般価格での受付となります

受講タイプ 一般価格 10月末まで
50%割引
11月末まで
45%割引
12月末まで
40%割引
1月末まで
35%割引
通学講座 東京校・名古屋会場・大阪会場 180,000円 90,000円 90,000円 108,000円 117,000円
通信教育 DVDタイプ 192,000円 96,000円 96,000円 115,200円 124,800円
WMV映像ダウンロードタイプ 174,000円 87,000円 87,000円 104,400円 113,100円
MP3音声ダウンロードタイプ 165,600円 82,800円 82,800円 99,360円 107,640円
教材学習タイプ 160,000円 80,000円 80,000円 96,000円 104,000円
  1. ※ 総合答練のみの募集は10月より開始いたします。→ お申込みはコチラ

第1弾 科目別答練'18

基本論点を年内に見直そう!!

 

 科目別答練では、法律知識の習熟度の向上に加えて、間違いのない論点の抽出スキルや知識を正答へ結びつける法的思考プロセスのトレーニングも行います。
 本試験で繰り返し出題される重要論点を題材に、近年の本試験傾向・難易度に即して作成した問題を科目別に出題(毎回択一式20問、記述式1問)していきますので、苦手分野の克服に最適です。
 また、定期的に学習に取り組んでいく習慣ができていない秋から冬の時期においては、カリキュラムで提示された試験科目に、集中して取り組んでいくことで、学習のペースメーカーの役割も担います。
 初めて答案練習科に参加される受験生にとっては、成績表という目に見える形で学習の成果や進捗状況を提示されることで、弱点の早期発見や今後の学習計画の調整などといった現状分析が可能となります。

★ココがポイント
 民法の改正により,現行法と改正法を対比させ,改正点を解説。
 科目ごとの復習だけでなく,改正点もチェックできます!
 この時期に最適な講座です!!


第2弾 総合答練'18

毎週が本試験シミュレーション!!

 

 「午前の部」の総合テスト8回、「午後の部」の総合テスト8回、「全国公開模試」3回の3セクションからなる総合答練は最も難易度の高い総合演習講座です。
 しっかりと学習したつもりでも、実際に難易度の高い問題を解答してみると想像以上に得点できないものです。
 しかし、当講座では出題頻度の高い知識に加え、最新の判例・先例・学説を根拠とする論点を織り交ぜた本試験の半歩先行く予想問題を、新しい形式で問います。
 これらの試験で提示された問題の練習と復習を欠かさずに行い、ひとつひとつのポイントを正確に理解していくことで、自然に重要・頻出論点の再確認と未出論点への対策を同時進行で図ることができます。
 また、本試験と同形式の試験を受験することで、時間配分の確認・試験の雰囲気への対応などの調整を行うことが可能です。


会場マップ


効果的な学習の進め方【通信教育】

  1. 1.問題と解答用紙は、発送日程にそって順次発送します。
    問題が到着次第すぐに解答し、答案提出期限(お申込み後の発送状に記載されています)までに、解答用紙(択一・書式)を本学院に送付してください。※ 試験時間を厳守して解答し、時間配分の訓練を行います。

  2. 2.解答後は、解説書および解説講義で知識の定着を図ってください。
    択一答案は、コンピュータ分析・採点され、標準偏差や偏差値を表示した『個人成績表』『全体成績表』として送付いたします。
    書式答案は、講師による添削・評価のうえ、返却いたします。
    ※質問は、本学院指定の質問票を利用してください。講師が丁寧に、疑問点を解決します。