測量士合格ノート【改訂版】|測量士書籍|東京法経学院

 | 書店様へ | 会社案内 | 求人情報 | 講師登録制度




【測量士 書籍】

─ 公共測量 ─ 作業規程の準則の一部改正(令和5年3月31日)に完全対応!!
測量士補の復習から測量士合格へ!

測量士 合格ノート【改訂版】

ご注文方法お買い物カゴを確認する
はしがき目次

測量士合格ノート【改訂版】

 

立読みコーナー

はしがき/目次/本書の利用にあたって/第1章測量概論

------------------------------------------

------------------------------------------

●書籍概要

●ご購入はこちらから

数量:

 

当サイトはSSLに対応していますので、安心してお買い物をお楽しみください。


はしがき

 測量士試験は、測量法及び測量法施行令に基づいて行われるものであり、測量技術者として、基本測量と公共測量に従事するために必要な専門的知識と技術を有するか否か、を判定するための国家試験です。そして、その出題内容は測量の基本的理論、測量の実務作業、測量機器の取扱いなど特定分野に偏ることなく、測量全般にわたっての知識が要求されています。
 そして、測量士の場合は、測量士補に比較して、それらの内容をより深く掘り下げて理解しておかなければなりません。
 本書は、これから測量士試験の学習を始める方々に、いきなり難解な解説をするのではなく、測量士補の復習から始め、短期間で的確に、かつ、合理的な学習を進めることを意図して、午前の択一式はもとより、午後の記述式の必須・選択問題も分類し、試験の合格に必要な知識を体系的、かつ、コンパクトに記述しています。
 具体的には、測量概論において、測量に関する基礎的な知識を学び、次に、出題範囲となる測量の各科目について、できるだけ詳細な説明を行っています。
 なお、測量作業にとって不可欠な「―公共測量―作業規程の準則」については、利用の便を考慮し、本書の最後に試験対策とすべき事項について、まとめて掲載しました。
 本書を十分に活用され、一項目ずつ堅実にマスターし、一人でも多くの方が合格の栄冠を勝ち取られることを、祈念してやみません。
 最後に、本書が仕上がるまでに、つたない原稿を整理していただいた編集スタッフの坂口由良さんや、表記の間違いや校正等でお世話になったエディターの岩見恵子さんほか、関係する皆様には、様々な貴重な助言とお世話をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。有難うございました。

 

2023年8月
東京法経学院専任講師
工学修士 黒杉茂

 

〔改訂版〕の発行にあたって

 令和5年3月31日に、「作業規程の準則」の一部改正が行われ、新しい測量技術の動向を踏まえた、特に国土交通省の i-construction の取り組みにより実用化した技術がもり込まれました。
 そこで、改訂版の発行にあたり、近年の測量士試験の出題傾向をふまえるとともに、一層使いやすく、内容の充実したテキストとして改訂いたしました。
 読者の皆様が、このテキストを活用して、測量士試験に合格されることを祈念いたします。


目次

第1章 測量概論
第2章 多角測量
第3章 汎地球測位システム測量
第4章 水準測量
第5章 地形測量
第6章 写真測量
第7章 GISを含む地図編集
第8章 応用測量
第9章 測量に関する法規
第10章  -公共測量-作業規程の準則