マンション管理員ってどんな資格?
 
■マンションの顔はやっぱり管理員だ!!■
目指すはマンション管理のスペシャリスト!実務に精通した管理員になろう
〔高まるマンション管理の必要性〕
 建物の維持保全や、快適な居住環境の確保など、マンションの管理を取り巻く環境は大きく変化しつつあります。そのような中で、マンション管理員はプロフェッショナルな存在として、居住者のよきアドバイザーとして高度な知識と職業倫理をもつ必要性がますます高まっています。
 欧米では性別・年齢を問わずあらゆる人に職業の1つとして認知されているにも係わらず、これまでわが国では、マンションの「管理人」という言葉を聞くと、高齢者だけの仕事と思われがちでした。これからは年齢に関係なく、ぜひ若い方々にもチャレンジしてほしい職業の1つです。
 また、金融ビックバンや年金制度をはじめ、雇用問題など個人をめぐる社会問題が激変している今、多くの方々が不安を感じ、職業としてのマンション管理に少なからず興味を持ちはじめています。頼れる存在、それがマンション管理員なのです。
〔こんな方にも最適
・これからマンション管理の職業につきたい方
・マンション居住者で管理員業務のあらましを知っておきたい方
・実際にマンション管理業務に携わっている方で、「マンション管理」の 本質と実際の業務内容について、より理解を深めたいとお考えの方
・不動産管理業界に転職を希望している方
・女性の方で、妊娠・出産または育児・介護を理由として退職し、 現在就職が可能となった方
〔質の高いマンション管理員を養成
 マンション管理員は、業務の性格上、居住者の方々と深く係わる可能性があるため、管理員として厳しい職業上の倫理観を必要とします。そのため、マンション管理研究所では、管理員資格の認定にあたって、管理員は、今後ソフト面だけではなく、ハード面を活かした質の高い職業になっていくといえます。さらに、管理員として、将来この職業をどう確立していくのかは、管理員本人の自己責任にもよりますが、マンション管理研究所及び東京法経学院は講座のよりいっそうの充実を図りながら、さまざまなニーズに対応できる質の高いマンション管理員の育成に今後とも力を注いでいきます。
〔マンション管理研究所とは?
管理組合の抱える問題解決及び管理組合の将来のあり方をアドバイス、サポートする専門機関です。
(マンションの管理会社ではありません。)
 さらに、同研究所は、現実的問題の解決と将来想定される課題に、公平に・適正に・真撃に取り組み研究する機関で平成11年8月に発足しました。
 前(社)高層住宅管理業協会の専務理事であった米倉喜一郎氏が「マンション管理研究所 所長」を務め、斯界の第一人者である玉田弘毅先生、丸山英気先生の両名を名誉研究員として迎え、管理会社・管理組合の経営・各種の研究、セミナー・研修・後援会等の開催の実施を図っています。
 そして、良好なマンションストック、良好なコミュニケーション形成をめざし、その実現化を最大の使命としている機関です。
 
マンション管理研究所認定
第14回マンション管理員資格3級認定試験
受験案内
 
 「マンション管理員 養成講座」を修了した方には、「3級」のIDカードが発行されます。業界で認知度が高い「3級」のIDカードの発行には、マンション管理研究所と本学院が共催する「認定試験」に合格する必要があります。認定試験の概略は次のとおりです。

試験の実施要綱

1 試験問題発送日  2011年2月22日(火)
※第14回認定試験は自宅受験方式となります。

2 試験科目
管理員の役割と責任、管理委託契約、マンションの管理の適正化の推進に関する法律、
建物の区分所有等に関する法律、管理に係わるその他の法令、等 。

3 試験の方法
「4肢択一式問題」30問と「記述式問題」2問による筆記試験で行われます。

4 受験資格
次の(1)、(2)のいずれかに該当する必要があります。
(1)東京法経学院が実施している、マンション管理研究所認定「マンション管理員養成講座」の修了者(受験申込時点で修了見込者を含む)
(2)管理業務主任者(合格者を含む)

5 合格発表  2011年3月29日(火)
合格、不合格に関わらず合否通知を郵送します。合格者には後日「管理員資格3級認定証」のIDカードが郵送されます。


受験申込手続

1 受験手数料
受験申込書類に同封されている払込取扱票用紙に、住所・氏名等必要事項を記入(記入例参照)し、お近くの郵便局から払い込んでください。

受験料7,500円(消費税込み)


2 受験申込書の提出
受験希望者は、同封の受験申込書に必要事項を記入(記入例参照)し、所定の封筒に入れて郵送で提出してください。
(1)郵便振替払込金受領証の写し(コピー可)
→受験申込書にクリップではさんでください。
(2)写真→サイズは縦4p・横3p、受験の申込み前3か月以内に撮影したもので、無帽・正面向・上半身像・背景無地のものとします。
(カラーコピー、スナップ写真の切り抜きは不可)
(3)受験資格→1 マンション管理研究所認定教育講座の修了者(東京法経学院が開講している「マンション管理員養成講座」がこれにあたります)
2 管理業務主任者
1に該当する方は、受験申込書の受験資格証明欄の「1認定講座修了」を○で囲み、教育講座の名称等必要事項を記入してください。
2に該当する方は、「2資格保有」と資格名を○で囲み、合格証に記載されている合格証番号、又は登録番号(ライセンス・ナンバー、例:『第01-12345号』)を記入してください。

3 お問い合わせ先
東京法経学院東京校事務局
TEL:03-6457-8541
FAX:03-5362-0160
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-9 新宿パークビル5F

4 申込受付期間
2011年1月11日()から2月14日(月)まで
なお、受験申込書は必ず郵便により送付してください。(2月14日当日消印有効)

5 受験票の交付
(1)受験票は、認定試験の問題と一緒に東京法経学院東京校事務局から直接郵送します。受験番号が明記されていますので、記載内容を必ず確認してください。
(2)受験票の記載内容(住所・氏名・生年月日等)に修正箇所があった場合は、本学院東京校事務局にお申し出ください。


注意事項

1 受験申込にあたっての注意事項
(1)書類に不備がある場合は受け付けられませんので、受験申込は早めに行うようにしてください。
(2)受験申込後、住所を変更したときは旧住所を管轄する郵便局へ「転送願」を出して受験票を転送してもらってください。
(3)住所変更および改姓等の届出は、速やかに本学院東京校事務局へご連絡ください。
なお、受験に際しての氏名は受験票記載の氏名となります。

2 受験にあたっての注意事項
(1)試験においては、筆記用具〔BまたはHBの鉛筆(シャープペンを含む)、プラスチック消しゴムおよび鉛筆削り〕以外のものは使用できません。
(2)試験問題は試験終了後、解答用紙とともに本学院東京校事務局へ返送してください。<3月4日(金)必着>
(3)後日、不正の手段によって受験し合格されたことが判明した場合は、合格を取り消します。

3 その他
ご不明の点がありましたら、東京法経学院東京校事務局までお問い合わせください。
ただし、合否、採点結果、合格基準点、試験問題等の試験内容に関する問い合わせには一切応じられません。