鉄則!測量士補合格ノート(旧書名「測量士補合格ナビーゲーション基本テキスト」)|測量士補書籍|東京法経学院

 | 書店様へ | 会社案内 | 求人情報 | 講師登録制度




【測量士補 書籍】

鉄則!測量士補合格ノート
(旧書名「測量士補合格ナビーゲーション基本テキスト」)

ご注文方法お買い物カゴを確認する
はしがき「初版」の発行に当たって

測量士補 合格ナビゲーション基本テキスト

 

立読みコーナー

目次・本書の利用に当たって・測量概論

●書籍概要

●ご購入はこちらから

数量:

 

当サイトはSSLに対応していますので、安心してお買い物をお楽しみください。


外部販売サイトのご案内

単品注文(5,000円未満)なら送料が断然お得です!

楽天ブックス Amazon

※各講座・直販教材と一緒にお申込みされる方は当ページ「買い物カゴへ入れる」ボタンより直販にてお申込みください。


はしがき

 測量士補試験は、測量法に基づいて行われるものであり、測量技術者として、基本測量と公共測量に従事するために必要な専門的知識と技術を有するか否か、を判定するための国家試験です。そして、その出題内容は測量の基本的理論、測量の実務作業、測量機器の取扱いなど特定分野に偏ることなく、測量全般にわたっての知識が要求されています。
 平成21年度から、測量士補試験は大きく変化し、測量に関する法規と汎地球測位システム(GNSS)測量が科目として追加されました。そのため、試験対策として、GNSS測量、GIS、航空レーザ測量のような新しい測量技術への理解を深めるとともに、「―公共測量―作業規程の準則」の中で出題される内容についても、十分な対策をする必要があります。
 したがって、測量士補試験の合格をめざす方々には、出題範囲を十分に理解した上で、特定の科目・範囲の学習に偏ることなく、過去の本試験出題内容に合わせて、全般的な学習を心がけることをお勧めします。
 本書は、これから測量士補試験の学習を始める初学者の方々に、短期間で的確に、かつ、合理的な学習を進めていただくことを意図して作成したものであり、測量士補試験の合格に必要な知識を体系的、かつ、コンパクトに記述したテキストです。
 従来、弊社発行の測量士補基本テキストは「測量士補合格ナビゲーション」の名称で刊行しておりましたが、平成28年3月31日に「公共測量作業規程の準則の一部」が改正されたことにより、さらに使いやすい基本書にすることをめざし、本年度より新しい書名「鉄則!測量士補合格ノート」で刊行いたします。内容を一層充実することで現在の測量士補試験における出題を効率よく短期間で理解できる学習ツールになっております。
 具体的には、測量概論において、測量に関する基礎的な知識を学び、次に、出題範囲となる測量8科目について、できるだけ詳細な説明を行っています。
 なお、測量作業にとって不可欠な「―公共測量―作業規程の準則」については、利用の便を考慮し、本テキストの最後に試験対策とすべき事項について、まとめて掲載しました。
 本書を十分に活用され、一項目ずつ堅実にマスターし、1人でも多くの方が合格の栄冠を勝ち取られることを、祈念してやみません。


「初版」の発行に当たって

 測量機器の進歩に伴い、平成28年3月31日に、「公共測量作業規程の準則」が一部改正されました。そこで、このたびの改正における主な改正点を述べると、次の3つになります。

 

 1.「電子基準点のみを既知点とした基準点測量」の適用拡大
 2.「車載写真レーザ測量」の新規追加
 3.多言語表記による図式の新規追加
 

 本書では、この中で、測量士補試験と関係が深いと考えられる、「電子基準点のみを既知点とした基準点測量の適用拡大」と「車載写真レーザ測量の新規追加」を反映させ、また、公共測量作業規程の準則も改正法に対応させました。
 さらに、書名も「鉄則!測量士補合格ノート(旧書名:測量士補合格ナビゲーション基本テキスト)」として、新たに発行することになりました。
 最新の情報を盛り込んだ本書が、多くの測量士補試験受験生の皆様に利用していただければ幸いです。

平成28年9月
東京法経学院専任講師
測量士・土地家屋調査士
黒杉茂