司法書士'18 本試験予想答練|通学・通信講座/教育|司法書士試験|東京法経学院





【学習者向 通信・通学講座】
試験傾向を先取りした学習者のための演習講座はこれ!!
合格に必要な法的思考力を完璧に固めよう!

司法書士'18 本試験予想答練【全11回】

東京法経学院のバックアップシステム受講申込方法特定商取引法に基づく表記(お支払い方法等)
買い物カゴ学費コンセプト特色日程会場マップ学習の進め方【通信教育】

合格に必要な法的思考力を完璧に固めよう

本試験予想答練(8回)+公開模試(3回)

通学講座:東京3/10(土)開講 / 大阪・名古屋3/11(日)開講 / 通信教育:3/13(火)


買い物カゴ

特定商取引法に基づく表記(お支払い方法等)お買い物カゴを確認する

※ご希望の受講タイプをご選択(クリック)の上「買い物カゴへ入れる」ボタンをクリックしてください。


●受講タイプ(必須)


※1 本試験予想答練 会場

 

● 合計金額(円/税込)
   

 

● 数量:      

 


※1
通学をご希望の方は会場をご選択下さい。

通信教育をご選択の方で、全国公開模試の会場振替をご希望される方は、後日あらためてお伺いいたしますのでその際にお手続きをしてください。


●「ダウンロードタイプ(WMVファイル」をご検討の皆様へ

お申込の前に→配布マニュアル「ご利用方法について」(PDFファイル)を必ずご確認いただいたうえでご検討いただきますようお願い申し上げます。
※ 「会員・受講生」とは、過去2年間に通信・通学講座を受講された方です。


学費

受講タイプ 学費(税込)
通学講座 110,000円
通信・DVDタイプ 121,000円
通信・WMV映像 ダウンロードタイプ 108,000円
通信・MP3音声 ダウンロードタイプ 106,000円
通信・教材学習タイプ 103,000円

コンセプト

出題傾向の変化にも完全対応!!

〜 知識の応用力、 法的思考力の強化をめざす 〜

 

 判例・先例・学説など幅広い知識が必要とされます。しかし、そうした知識を単にインプットする学習だけでは合格には近づけません。本試験で正解を導き出すには、基本知識プラスα、つまり知識の応用と、あらゆる問題にも対応できる法的思考力の強化が必要です。
 本試験予想答練は、重要事項を漏れなく確実に理解し、本試験合格レベルの実力を身につけるために必要な「知識の応用力・法的思考力の強化」をコンセプトに実施します。
 司法書士試験では出題科目が11科目あり、合格には膨大な知識が要求されます。そのうえ、厳しい基準点をすべてクリアした中から得点上位者順に合格する(受験者の3%程度)という大変厳しい試験です。したがって、この難関を突破するには、さらなるステップアップが求められます。
 そのための学習方法として、本試験予想答練で出題される問題を繰り返し復習することが重要です。出題傾向の分析と求められる知識の確認、解答力の強化を図り、難易度の高い本試験問題にも対応できる実力を身につけることを目指します。
 平成30年度の司法書士試験に向けた学習をすでに多くの方が始められていると思います。本講座をぜひ、合格への羅針盤としてご活用ください。


特色


日程

日程とカリキュラム

  出題科目 通学講座実施日 通信教育発送日
択一式 記述式 東京(土) 名古屋(日) 大阪(日) 問題(水) 解説(水)






全国公開模試 T(実力診断模試) 70問 不登1問・商登1問 3/10 3/11 3/11 3/13 3/20
9 午前の部 5 35問   3/17 3/18 3/18 3/20 3/27
10 午後の部 5 35問 不登1問・商登1問 3/24 3/25 3/25 3/27 4/3
11 午前の部 6 35問   3/31 4/1 4/1 4/3 4/10
12 午後の部 6 35問 不登1問・商登1問 4/7 4/8 4/8 4/10 4/17
全国公開模試 U(中間診断模試) 70問 不登1問・商登1問 4/14 4/15 4/15 4/17 4/24
13 午前の部 7 35問   4/21 4/22 4/22 4/24 5/1
14 午後の部 7 35問 不登1問・商登1問 4/28 4/29 4/29 5/1 5/15
15 午前の部 8 35問   5/12 5/13 5/13 5/15 5/22
16 午後の部 8 35問 不登1問・商登1問 5/19 5/20 5/20 5/22 5/29
全国公開模試 V(直前実戦模試) 70問 不登1問・商登1問 5/26 5/27 5/27 5/29 6/5

会場マップ


効果的な学習の進め方【通信教育】

  1. 1.問題と解答用紙は、発送日程にそって順次発送します。
    問題が到着次第すぐに解答し、答案提出期限(お申込み後の発送状に記載されています)までに、解答用紙(択一・書式)を本学院に送付してください。※ 試験時間を厳守して解答し、時間配分の訓練を行います。

  2. 2.解答後は、解説書および解説講義で知識の定着を図ってください。
    択一答案は、コンピュータ分析・採点され、標準偏差や偏差値を表示した『個人成績表』『全体成績表』として送付いたします。
    書式答案は、講師による添削・評価のうえ、返却いたします。
    ※質問は、本学院指定の質問票を利用してください。講師が丁寧に、疑問点を解決します。