鉄則!司法書士 不動産登記書式ハンドブック|司法書士書籍|東京法経学院





司法書士 受験用書籍

鉄則!司法書士 不動産登記書式ハンドブック

ご注文方法お買い物カゴを確認する
外部販売サイトはしがき



立読みコーナー

 

●書籍概要

●ご購入はこちらから

数量:

 

当サイトはSSLに対応していますので、安心してお買い物をお楽しみください。


外部販売サイトのご案内

単品注文(5,000円未満)なら送料が断然お得です!

楽天ブックスセブンネットショッピングAmazon紀伊國屋書店


※各講座・直販教材と一緒にお申込みされる方は当ページ「買い物カゴへ入れる」ボタンより直販にてお申込みください。


はしがき

本書のねらい

 

第1部について
 登記申請書,即ち書式の記載の形式は,大体において,法務省民事局の通達によって定められている登記記録例(平成21年2 月20民二第500号等)を基礎として,実務慣行上統一されている。従って書式の形式は申請人(受験生)が独自の形式で記載することは許されず,実務慣行上採用されているものに従うべきこととなる。そこで,受験生は一つ一つの不動産申請書・書式パターンを正確に記憶しなければならず,また,その形式が記載できなければならないこととなる。書式の形式は大体理論的に整理できるもので一応の法則はあるが,時に一般的な思考からは,発想し難い場合がある。その場合でも無論実務慣行が優先される。即ち,書式については,受験生はいつでも正解に記憶する能力が要求されることになり,その要求に対応できるだけの力をつけておかなければならない。
 本書の第1 部は以上のことを踏まえて,常に書式の形式が記載できるようにするためのいわば練習帳としての役割をもつことを第一の目的とした。従って,読者は本書の一つ一つの不動産登記の表から実際の申請書(書式)を起こしてみて欲しい(さらには,登記記録例も)。そしてその訓練を毎日行うように心がけて欲しい。
 第二に,書式の形式を短時間で復習,あるいは記憶が喚起できるように申請事項を一覧のものとした。これによって,試験直前の書式のあるいは不動産登記法の総整理に役立つものとなっている。
 第三に,およそ書式問題として出題される可能性のないもの(例えば地役権等)についてもその書式(申請書)のエッセンスを掲載したが,これらについては,択一問題の資料として活用して欲しい(もちろんこれから,申請書を起こすことも,その理解の上で極めて有効である)。

 

第2部について

 本書の第2 部では海老原メソッドによる不動産登記書式問題の解放を解説した。第1 部で,体得した知識も実際に試験問題を解く上でどのように利用するか,また利用されるかについて示してほしいという読者の要望に応えるものである。
 さらに第2 部において添付情報の具体的内容,特に登記識別情報の具体的特定方法について解説した。
 なお,あえて詳しい解説を必要だと思われないものについては解説を省略した。

 

2016年2 月吉日
海老原 幸夫