資格

司法書士事務所から一般企業へ転職! 司法書士の経験を生かすポイント


書類に判子を押す男性

司法書士の事務所を辞めて一般企業への転職を考える人もいると思います。しかし「一般企業に転職すると司法書士の資格や経験を生かせないのではないか」という不安もあるかもしれません。
企業司法書士の資格を持っている場合には、どのような分野の会社に転職するのが適切なのでしょうか? この記事では、司法書士が一般企業に転職するメリットや、司法書士が転職をするときに考えておきたいポイントについて紹介します。

司法書士の経験を生かせる転職先とは?

司法書士の資格を持つ人の転職先として多いのは、一般企業の総務部や法務部です。また、司法書士の経験を生かして金融業や不動産業に携わるという人も少なくありません。
一般企業の総務部に転職する場合、その業務内容は多岐に渡ります。その中でも商標登記、株主総会に関する対応では、司法書士の専門知識を存分に活かすことができます。また、司法書士経験を活かし、社内コンプライアンスに関する業務や顧問弁護士とのやり取りを担当することもあります。
法務部では、各社との契約書の作成や、法務局をはじめとした公的機関への書類の作成といった業務で司法書士の知識を役立てられます。また、不動産や登記に関わる知識が重宝されることも多いものです。
司法書士が扱う業務の範囲は多岐に渡るため、転職してもさまざまな場面で知識や経験を役立てられるという強みがあります。転職にあたっての面接では、司法書士事務所での経験やスキルを強くアピールすることが肝心です。

司法書士が一般企業に転職するメリット

司法書士資格は専門性が高いため、安定した収入が期待できるというメリットがあります。女性が出産や育児のために産休を取りたいときにも、司法書士の資格は強みとなることでしょう。 
司法書士の世界は一般企業とは内情が異なるもの。中には運営体制が一般企業と全く異なる司法書士事務所があるのも現実です。司法書士事務所から一般企業へ転職することによって、視野が広がったり仕事への考え方が大きく変わったりする可能性もあります。

司法書士の経験を役立てて転職する


微笑むビジネス服の男性

もしかすると、司法書士の資格をあまり活用できない業種に転職するケースもあるかもしれません。司法書士の資格を所持しているということは、難関資格を突破できるだけの力を持っているということ。常に司法書士の資格を効果的にアピールし、転職活動を有利に進めていきましょう。
一般企業が司法書士に求めるのは専門知識だけではありません。司法書士事務所では依頼者の相談を丁寧に聞いて最適な道を示すコミュニケーションスキルも重視されます。中には依頼者からのクレーム対応に追われた経験を持つ人もいると思います。こういった接客スキルを一般企業で役立てられるのも、司法書士経験者ならではといえます。

転職をするときには、専門性の高い司法書士の資格を最大限に活用したいもの。司法書士の経験を持つ人材を求めている企業を見つけ、自分の経歴をアピールすることが大切です。
司法書士事務所で積んだ多くの経験は、転職をする上できっと強みとなることでしょう。