資格

学生のうちに行政書士資格を取得するメリットとは?


学生のうちに行政書士資格を取得するメリットとは?

行政書士資格は、法律に関わる資格の中では必要な学習時間が少なく、努力すれば学生の期間内に資格取得が目指せます。
行政書士資格を学生期間内に取得しておくとさまざまなメリットがあるため、大学生活と両立して学習を進めている方も少なくありません。

しかし、なぜこの行政書士の資格を学生期間内に取得しておく必要があるのでしょうか。早期に行政書士資格を取得することで得られるメリットを紹介します。

学生時代に行政書士資格を学ぶことで法律適性を学べる

これから資格試験を始めるうえで、自分が法律に関する分野に適性があるか自信が持てない方は少なくありません。
法律は大学に入ってから初めて勉強する方がほとんどなので「自分はこの分野が得意なのかどうか」が見えないまま勉強をしていく必要があります。

中でも公認会計士や弁護士等を目指す場合は、法律に関する知識に適性があるかどうかを見定める前から1日のほとんど時間、学生のほぼ全ての時間を勉強し続けなければなりません。
しかし行政書士は試験の範囲は公認会計士や弁護士ほど広いわけではなく、1日3時間ほどの学習を1年間続けるだけでも十分に合格は狙える資格です。そのため大学生活と共存することは可能です。
資格取得を実現させ、自分の法律適性に自信が持てたら、その時点で弁護士や公認会計士の資格を狙う学生も多いのです。

行政書士資格が今後の選択肢を広げる


行政書士資格が今後の選択肢を広げる

大学在籍中に資格を取得することで、将来の選択肢を広げることができる点は大きなメリットです。大学在籍中に行政書士のような専門性の高い資格を保有していれば、その資格を使った就職先を探すこともできるため、就職活動に関する余裕も出てくるでしょう。
また、今後の可能性を広げるという意味で、以下のような恩恵も得ることができます。

 
 

公務員試験の対策

公務員試験は今でも変わらず学生にとって人気の職業です。先の見えない現在の日本を考えると、安定性の高い公務員人気はまだまだ続くことでしょう。
実は行政書士試験は公務員試験と試験範囲が重複する部分が多く「公務員試験の前哨戦」として取り組んでいる方も少なくありません。

法律系の国家試験は、大学受験とは違った独特な試験傾向があることから、慣れるためにも行政書士の試験勉強を続けることは有益です。
このような形で、公務員試験に合格への道筋に行政書士試験の資格取得が狙えるため、行政書士の資格取得を狙う方もいらっしゃるのです。

就職活動のアピール材料

就職活動を行う方なら誰しもが「学生時代には何をしていましたか」という質問を受けることになります。この時に行政書士試験の勉強をしていたことを伝えることでアピールポイントとなります。
将来を考え、自主的に勉強を続けていた姿勢は評価に繋がりやすく、良い印象を与えることができるため、結果的に条件の良い会社への内定に近づくことになるでしょう。

法律系の国家資格は他にもありますが、その多くが学生期間内に資格を取得することはそこまで簡単ではありません。一方で行政書士の場合は資格を取得できたうえで就職活動に臨めるケースも多いため、自分が法律を勉強したことが形になって残しやすい点が学生の注目を集めているのです。

行政書士資格を学生時代に取得することはそこまで難しくはありません。もちろん取得するまでの努力は必要ですが、将来の選択肢を増やすためにも検討してみるべき資格の1つといえます。今後の可能性を広げるためにも、資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。